耐用年数を高める

一軒家

愛知県には、たくさんの住宅がありますが、鉄筋コンクリートなどの住宅でない限りは定期的な外壁塗装が必要になります。外壁塗装を利用する目的があるとすれば、一つは見た目をきれいにすることです。住宅も、10年から15年ほど経過すると外壁の汚れが目立つようになります。特に、太陽が当たらない北の部分に関しては汚れが目立つことが多いためどこかのタイミングで塗装しなければいけません。ただこれだけでは、ペンキを塗るのと何ら変わりがありません。そこでもう一つの理由が重要になってきます。もう一つの理由は、耐久性を高めるためです。外壁を塗装する場合には、ペンキを塗るのと異なり耐用年数を高める役割があります。例えば、壁にひび割れなどが入っている場合、単にペンキを塗るだけだと何ら解決にはなりません。しかしながら、外壁塗装する場合にはまずひび割れの部分をふさいでいきそのあとに外壁塗装することになるでしょう。しかも、塗料自体が耐久力があるため雨風に当たったとしてもそう簡単に住宅の外壁が劣化することはないです。実際にどれぐらいの期間耐久力を発揮するかといえば、これは塗料の種類によって異なるところです。やすい塗料だと、10年程度の耐久力ですが、値段のある程度高いものならば20年程度の耐久力になることがあります。愛知県で、平均的にもちいられている塗料は13年から15年ぐらいが耐久力と考えてよいでしょう。

どのような手順になるか

女性

愛知県で外壁塗装するならば、外壁塗装の手順を知っておいてもよいでしょう。まず、足場の設置からスタートして外壁に高圧洗浄を行います。高圧洗浄により汚れを落とすだけでなくひび割れなどが発生している場合発見しやすくなるでしょう。そのあと、傷の修理を行い下地処理を行います。下地処理を行う時に、その上から塗料を塗りやすくするためにプライマーなどをかけます。その後、塗料を3回塗って外壁塗装が完成することになります。

どれぐらいの期間になるのか

男女

これから愛知県で塗装業者に外壁塗装お願いする場合、どれぐらいの期間になるかを知っておきましょう。まず、一般的には十日から2週間程度とされています。これは、流れをみてもわかる通り、単に塗料をぬっておしまいではなく下地処理や足場の設置そして高圧洗浄などを行うからです。しかも、塗料を3回塗ることになりますので、仮に1回の塗料を塗るのに2日かかったとしてもそれだけで6日はかかることになります。このように計算していくと、最低でも2週間ぐらいはかかると見積もっておいた方がよいです。